仕事幸福真理―成功と幸福の秘密を知ったアイドル

真理―成功と幸福の秘密を知ったアイドル 後編 第2話

 *

 「ほわぁぁぁ!」

 私はサトリの背中に乗り、空を飛んでいた。

 それはまるで鳥になったような感覚で、幼いころに想像した、

 (こんな風に空が飛べたら最高だろうな)

 という願望がそのまま形になったような状態だった。

 こうしてしばらく興奮しながら飛んでいたのだけど、少しずつ息苦しくなってきた。大気が薄くなっているのかもしれない。

 「そろそろ元の場所に……」

 隣の真理にそう言ったが、

 「えっ」

 さっきまでいたはずの真理の姿が消えていた。

 (どこに行ったんだ?)

 大空で突然一人きりにされ、不安に襲われた。

 しかし、そのあとさらに大きな問題が起きた。

 前方に黒くて大きな幕のようなものが現れたと思ったら、それが徐々に近づいてきた。

 それは、鳥の大群だった。

 近づいてきた鳥の大群はサトリの体をついばみはじめた。私の近くまでやってきてくちばしで背中をつついているものもいる。

 「ちょっと、やめなさいよ!」

 私は必死に手で振り払ったが、次から次へと鳥は現れてサトリをつつきはじめた。

 サトリは鳥を振り払おうと体を動かし、そのたびに私の体も大きく揺れた。

 そうやって鳥の大群と格闘していたから気づかなかったが、先ほど澄み渡っていた青空がいつのまにか灰色になっていた。

 ぽつり、と頭に何かが当たるのを感じた。

 雨だ。

 空はさらに暗くなり、雨は本格的に降り始めた。

 息苦しさはさらに強まり、意識が遠のきそうになる。

 「サトリ! さっきの状態に戻って!」

 私は大声で叫んだが、サトリはまったく反応しない。

 突然、空が黄色に染まったかと思うと、耳が取れるんじゃないかという轟音が鳴り響いた。

 雨は雷雨に変化した。

 サトリの体の上で体を縮めていると、再び空が光った。

 その直後、サトリの体にすごい振動が走った。

 雷がサトリの体に直撃したのだ。

 (う、うそでしょ……⁉)

 サトリの羽の動きが止まり、地上に向かって落下し始めた。サトリの体に固定されている私も一緒に落ちていく。

 「真理! 真理!」

 真理の名を必死に呼んで助けを求めるが、彼女は姿を現さない。

 (ああ、このまま死んでしまうんだろうか……)

 落下するサトリの背中で震えながら、そんなことを考えた。

 人は死ぬ直前にこれまでの出来事を思い出すというが、そんなことはなかった。

 私の頭の中にあったのは、ただ一つ。

どうして夢をかなえたはずの真理が幸せじゃなかったのか。

 そのことだけだった。

好きを送るためにログインしよう!

REVIEWS

評価

12345

良いと思うところ

誰もが一度は鳥のように羽ばたきたい願いにかけて、「サトリ」がうまく光と闇、希望と絶望の教えを導いてくれたなぁ、さすが「悟り」だ(笑)と思いました。
偉人での例えがわかりやすくて、発展の真実を教えられた気分です。
でもそのお陰で物理的な暮らしやすさの面で成熟した社会になれたと思います。

良くないと思うところ

(よくないということではなくて)夢を追いかける、初心を貫く上で、マイナスの影、闇となる要因も同時に考えるべきなのかなあ、夢にブレーキをかけることにならないかと考えさせられました。それをも乗り越える、ひっくるめて運命とするのかなと。その闇の面をうまくコントロールするこれからの教えが山Pを癒してくれるのかなぁと思っています^ ^
また、こうなりたいと思うことで、頑張れるし、影があるからこそ、光が見えると思いたい。

Shiho☆
2人がこのコメントに「いいね!」しました
水野敬也ぐち
コメントの評価

 著者からの返事

感想ありがとうございます。そうですね、夢とのバランスを大事にしながら最後まで書き上げたいです。引き続きよろしくお願いします!

2018年6月3日 18時17分 水野敬也
水野敬也
評価

12334

良いと思うところ

夢の光と闇がはっきり書かれていて
確かにと思うことがたくさんありました。
私の身近にもそういう人がいました。
看護師やパティシエを夢見て叶えたけど
実際の仕事にしたら辛すぎて
辞めてしまったとか…。
私たちから見えてる夢を叶えた人の
輝きの裏には必ず闇があるんですね。
どんな人でも必ず悩みがあるのと
同じですね。

良くないと思うところ

ちょっと疑問に思ったのですが、
例えばスポーツ選手なら
金メダルをとるとか野球だったら
メジャーに行くとかそういう夢を見ながら
日々練習していると思うのですが
それも叶えてしまったら今度はプレッシャーと戦う日々だったりして
闇の部分が出てくるという感じですよね?
確かにその闇の部分は私たちの想像以上に
苦しいとは思いますが、それ以上に
もっとうまくなりたいとか、
結果を出したい気持ちが強くあるからこそ
闇を越えれるくらい輝けるんだと思います
そういう人たちはやはり
とても幸せそうに見えますが
これはただ一部の才能があるだけの
人なのでしょうか?
それとも、これから
書かれる幸せになる方法も
同時に叶えてる人たちなのでしょうか?

水野先生が前半最後で夢を叶えることに
迷いがない人は後半の物語は必要ないかもしれないとおっしゃっていたので
私が思う夢を叶えた人はそういう
人なのでしょうかね…。

ちょっと色々と極端なことを
書いてしまったかもですが、
私は幸せになる方法すごくすごく
気になります。
次回も楽しみにしています!

ぐち
1人がこのコメントに「いいね!」しました
水野敬也
コメントの評価

 著者からの返事

スポーツ選手の例、確かにそうですね。ここはなかなか表現が難しいところですが、納得いく感じで仕上げていきたいです。引き続きよろしくお願いします。

2018年6月3日 18時18分 水野敬也
水野敬也
評価

12234

良いと思うところ

先生自身の、夢をかなえてからの苦悩が反映されているのかな?だとしたら、それを知るのも重要なこと!

良くないと思うところ

「嘘でも輝かしい未来が待っている」としないとみんながんばれないし…

「夢をかなえた自分がどんなに幸せな人間か」ということを感じて、
「人のために生きる」とかでしょうか?!!

かおり
1人がこのコメントに「いいね!」しました
水野敬也
コメントの評価

 著者からの返事

感想ありがとうございます。そうですね、ラスト、どういう読後感になるか教えていただければと思います。

2018年6月3日 18時19分 水野敬也
水野敬也
ページトップに戻る