心理学グチからはじめる認知行動療法

グチからはじめる認知行動療法 第7話


「やはり、店長さんのことにしましたか」

 守口さんは二日前に私が作成した【問題解決リスト】を見ながら言った。

「はい。一番たくさん書かれていたことが店長のことだったので」

 計画を実行に移す前に、今の私に合った目標なのかを守口さんに確認してもらっていた。

「すんなり目標を決めることはできましたか?」

 守口さんの問いかけに私は頷いた。

「SMARTの法則のおかげで順調でした」

 私は鞄から【SMARTの法則】が書かれた用紙を取り出して見つめた。問題解決リストの目標を決めるとき、この法則が役立つと守口さんから教わった。「SMART」とは目標を設定するのにポイントとなる五つの単語を頭文字でつなげたものだ。SMARTの法則の内容を意識して目標を作成したのだった。


【SMARTの法則】

  S(specific)‥具体的でわかりやすいこと

  M(measurable)‥達成の程度を測定できる工夫をすること(測定可能な数字にするなど)

  A(achievable)‥できそう、達成可能であること

  R(relevant)‥今後、得たい成果に基づいた目標設定であること

  T(timely)‥期限が明確であること


 普段から守口さんは、認知行動療法で悩みごとを改善しようとするとき、気持ちのバランスを整えて認知に対処する方法と、何か改善につながるような行いをして行動に対処する方法があると話していた。

 今回私は行動の対処となる『問題解決技法』のなかの問題解決リストを作成した。困りごとに対して、計画を立ててから行動を起こして結果を検証するために必要なものだった。

 私は教わったことを反芻した。実際に行動するためには、達成できる目標にすること。それが大切なのだと守口さんは言った。


好きを送るためにログインしよう!

REVIEWS

評価

12344

良いと思うところ

おお~、新機軸ですね!面白くなってる…と思います。

店長の不機嫌にも理由があったと…それが次回語られる…最後の切り方も、興味をもたせて上手いですね!

今まで「敵役」だった店長が味方に回り、本社の人間が新たな敵役として登場しました…

「ホームコメディ」ぽい話の方が、私は読み易いですから店長もファミリーの一員のような感じの方がいいですね…(今まではバイトの子たちとみのりちゃんと守口さんと…あまり「ファミリー」とは言えなかった…)

良くないと思うところ

ちょっとだけ長くて、気だるい…(必ず書かなければいけない感じなので、無理やり書いているだけですが…)

かおり
まだこのコメントに「いいね!」がついていません
コメントの評価

評価

12344

良いと思うところ

面白かったです^ ^
余韻みたいなものが残る、店長の本心、本性が気になる終わり方…(^^)

どんな人でも表と裏は必ずあるけれど、(仕事の、自分の)体裁や立場を考えるだけでなくて、素直に行動したい、変われるものならたいのかわりたいと思うはずだから、、、(店長の)このタイミング、良かったです。

佳歩ちゃんが考えてる時とかの間は、いつもらしくて、いじらしいくて愛おしい(o^^o)

佳歩ちゃんと取り巻く人も皆、認知療法が支えとなり自分に葛藤しながら成長していく、この先が楽しみです。

良くないと思うところ

男女ともに同じくらい共感するような話になればさらにいいかなぁと思ってます。(女性目線側のウエイトが高い感じに思えるので)

Shiho☆
まだこのコメントに「いいね!」がついていません
コメントの評価

ページトップに戻る