心理学グチからはじめる認知行動療法

グチからはじめる認知行動療法 第7話


 苛立ちをぶつけるようにドアを開けると店長は険しい顔つきで煙草を吸いに出ていった。もう何回目の一服だろう。

 お互いに話すことなく、パソコンのキーをカタカタと打つ音と書類にカリカリと書きこむ音が室内に響いていた。

 腹立たしかったが、店長と視察の職員のやり取りを思い浮かべると、みのりちゃんと上司の姿に変わり、私と店長の姿に変わった。

 八つ当たりは腹が立つし勘弁してほしい。しかし、店長に対する視察の職員の態度を目の当たりにしたら、店長が周囲に感情をまき散らすのもしょうがないのかもしれないと思えた。

 次第に感情的だった気持ちが鎮まっていく。誰もが他人の何気ない言葉や態度にもがき苦しんでいる。この状況を打破したくてもできないと諦めて、腹の底に鉛を溜めこむのだ。

 再びドアが開き店長が戻って来た。さっきと変わらない表情のまま席に着くと、パソコンのキーを叩きつけるように打ち始めた。

 お互い黙ったまま時間がすぎていく。たわいもない会話でもしようかと考えたが、何を言っても店長の気持ちを逆なでしそうだったので黙っていた。

「本社の奴……」

 店長の呟きは怒りが混じっているように聞こえた。私は書類を書いていた手をとめて声のする方へ顔を向けると、店長は悲し気な顔をしていた。思いがけない表情に動揺してしまう。 

 その顔を見ていると、今まで当たり散らされたことはひとまず横に置いて、この場で的確な言葉を探した。

「……本社の人たち、口だけ出して売り上げを伸ばせだなんて何言ってんだって感じですよね」

 相変わらず私は伝えるのが下手だ。これがみのりちゃんなら、いや守口さんならもっと店長の気持ちをほぐすようなことを言うのだろう。「変なことを言って申し訳ありません」と謝ろうとすると、ふっと店長の表情が和らいだ。

「視察が終わってから、態度悪かったよな。……すまなかった」

 私は反応に困った。今まで店長は私にも他の従業員にも一度も謝ったことがなかったのだ。

「いえ。大丈夫です」

 帰りは雨かもしれない。心のなかにありきたりな言葉が浮かんだ。人はまったく予想していないことが起きると面白みのないことを考えてしまうものなのかもしれない。

「憂鬱 50点」と忘れないように自分の感情の変化に点数をつける。こんなに数値が下がったのは初めてだった。新たな気分をもうひとつ追加した。点数をつけて表すとしたら「驚き 100点」だ。

 今日中に終わらせなければならない仕事が片付いたころ、店長がコーヒーの入った紙コップを私の机に置いた。店の自販機で買ってきてくれたのだった。思いもよらないことに呆気にとられていると、「おつかれ」と店長が言った。

 初めての出来事が立て続けに起こっているので、お礼を言うタイミングが遅れてしまう。

「……あ、ありがとうございます」

 慌てていたのでぎこちなくなってしまった。もしかしたら帰るときに雷に打たれるかもしれない。予期せぬことが続いたので、単純な思考回路になってしまっている。くだらない自分に可笑しさがこみあげてきたが、平静を装いコーヒーに手を伸ばした。疲れていたが、ひと口飲むとわずかに気力を取り戻した。

「十年くらい前に都心の店舗で働いていたときにさ……」

 店長がひとりで呟くように、昔話をはじめた。


「グチからはじめる認知行動療法」は隔週土曜日更新です。

次回の更新は10月6日(土)です。

好きを送るためにログインしよう!

REVIEWS

評価

12344

良いと思うところ

おお~、新機軸ですね!面白くなってる…と思います。

店長の不機嫌にも理由があったと…それが次回語られる…最後の切り方も、興味をもたせて上手いですね!

今まで「敵役」だった店長が味方に回り、本社の人間が新たな敵役として登場しました…

「ホームコメディ」ぽい話の方が、私は読み易いですから店長もファミリーの一員のような感じの方がいいですね…(今まではバイトの子たちとみのりちゃんと守口さんと…あまり「ファミリー」とは言えなかった…)

良くないと思うところ

ちょっとだけ長くて、気だるい…(必ず書かなければいけない感じなので、無理やり書いているだけですが…)

かおり
まだこのコメントに「いいね!」がついていません
コメントの評価

評価

12344

良いと思うところ

面白かったです^ ^
余韻みたいなものが残る、店長の本心、本性が気になる終わり方…(^^)

どんな人でも表と裏は必ずあるけれど、(仕事の、自分の)体裁や立場を考えるだけでなくて、素直に行動したい、変われるものならたいのかわりたいと思うはずだから、、、(店長の)このタイミング、良かったです。

佳歩ちゃんが考えてる時とかの間は、いつもらしくて、いじらしいくて愛おしい(o^^o)

佳歩ちゃんと取り巻く人も皆、認知療法が支えとなり自分に葛藤しながら成長していく、この先が楽しみです。

良くないと思うところ

男女ともに同じくらい共感するような話になればさらにいいかなぁと思ってます。(女性目線側のウエイトが高い感じに思えるので)

Shiho☆
まだこのコメントに「いいね!」がついていません
コメントの評価

ページトップに戻る