心理学グチからはじめる認知行動療法

グチからはじめる認知行動療法 第9話

「……周囲を自分のいうとおりにしようだなんて傲慢な考えだとは思いませんか?」

 誰かと協調して働いていくというのは難しいのだ。守口さんに私の気持ちはわからない。

「守口さんはおひとりでお仕事されているからわからないんですよ。いいですよね、自由気ままなんですから」

 私はハッとした。言いすぎてしまったと後悔してももう遅い。時間は戻らないのだ。

 おずおずと目の前の守口さんを見ると、寂しそうな表情で私を見ている。いつもの笑顔はそこにはなかった。

 私はいたたまれなくなり立ちあがると、椅子が大きな音をたてて後ろにさがった。

「帰ります」

 今日のグチ聞き料をテーブルに置くと部屋をでた。守口さんの顔は見ることができなかった。「後悔 100点」と自分の気分を冷静に分析した。

 守口さんの家から一刻も早く立ち去りたくて足早に歩いた。どうしてあんなことを……。という思いが次第に大きくなっていく。

 今日の私は最初からおかしかった。グチを聞いてもらっても心が晴れず、認知行動療法を行っても気分がもんもんとしていた。いつもは守口さんの言葉や表情で癒されるのに、その言動のひとつひとつに煩わしさを感じてしまっていた。

 苛立ちとともに帰宅して、玄関で靴を脱ぎながら自分が八つ当たりしていることに気がついた。



「グチからはじめる認知行動療法」は隔週土曜日更新です。

次回の更新は11月3日(土)です。

好きを送るためにログインしよう!

REVIEWS

評価

12334

良いと思うところ

新しく展開されたのはいいと思いました。

良くないと思うところ

ヒロインは、なぜこんなにも会社が良くなるようがんばっているのだろう?…と考え、ひょっとして、出資者の一人なのかもしれない…と今は疑っています(笑)

かおり
まだこのコメントに「いいね!」がついていません
コメントの評価

ページトップに戻る