心理学グチからはじめる認知行動療法

グチからはじめる認知行動療法 第10話

「わかったよ」

 店長は立ちあがると事務所の出入口へ向かった。

「どこ行くんですか?」

 店長がボソボソと返事をしたので、聞き取れずもう一度質問する。

「あの、どちらに?」

 私の問いかけに、店長は落ち着かない様子で頭を搔いた。

「だから引き留めだよ。若月さんはついてこないでいいから」

「私も行きますよ」

 前回のように言い争いが起こるかもしれない。私が立ちあがろうとすると、店長が首を横に振った。

「けんかにはならないから」

「でも……」

 感情的になりやすい店長のことを考えると、私が同席しないのは不安だ。

「だから、大丈夫だってば」

 店長は語気を強めて私をとめると、事務所を出ていった。その様子に不安を覚える。店長としっかり話しをしたからこそ悪い方向に進んでほしくない。

 話し合いの様子が気になって仕方がないまま業務に取り掛かる。合間を縫って三人の誰かに話を聞こうとしたが、閉店まで忙しく聞くことができなかった。

 終業後、事務所では店長が本社からの電話に対応していた。話が聞きたくて用もないのに室内をウロウロしたが、電話が終わる気配はなかった。

 あきらめてタイムカードを押し、職員用出入り口から外へ出たところで、大山さんと村上くんに呼び止められた。ふたりの真剣な表情から退職するのかしないのかを読み取ることができず緊張する。村上くんが何か言おうと口を開いたとき、私の心拍数は異常なほど上がっていた。

「若月さん。店長にどんな魔法使ったんですか?」

 店長がふたりに今までの態度について謝ったことを村上くんが興奮気味に話した。

「私たちの話をまともに聞いてくれたのって初めてかも。頭下げられるなんて思わなかった」

 大山さんも気分が高揚しているようだった。ふたりの言葉を聞いても、まだ結論がみえてこないのでもどかしい。

「俺ら、もう少しがんばってみます」

「お騒がせして申し訳ありませんでした」

 ふたりの笑顔に安心して胸をなでおろす。店長は謝る姿を見せたくなくて、私を話し合いに参加させなかったのかもしれない。

「ふたりが残ってくれてよかった。一緒に働くことができてとても嬉しい」

 私は嬉しさのあまり大山さんと村上くんに向かってパチリと手を合わせた。「喜び 100点」と心のなかで呟いた。点数から幸せな気持ちで満たされていることが明確だ。ふたりが仕事を続けてくれることに感謝した。もうしばらくこの職場でがんばろう。

      *      *      *      *      *


好きを送るためにログインしよう!

REVIEWS

評価

12345

良いと思うところ

守口さんに対する態度も副作用だったのだなぁと。
佳歩ちゃんのこれから、未知数だけれど周りから信頼される、頼りにされる人になるのだろうな、それで佳歩ちゃんはまた悩む、、、の繰り返しなんだろうなぁと、でも守口さんの教えで今より楽天的に進められると確信が持てました(^-^)

佳歩ちゃんの 〝七転び八起き〝的な感情の日々に勇気づけられました。

一呼吸おいて、まずは自分が冷静になることの大切さ、認知療法、自分にとってじわじわとした原動力になっていくと思います ^ ^

どうもありがとうございました。単行本楽しみにしています ‼︎(*^▽^*)

良くないと思うところ

みのりちゃんの選択肢、、、みのりちゃんの立ち位置ならばそうなのでしょうね。

Shiho☆
まだこのコメントに「いいね!」がついていません
コメントの評価

 著者からの返事

Shiho☆様

コメント嬉しいです!
Shiho☆様のコメントにいつも励まされていました。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
単行本になるように頑張ります。

2018年11月15日 17時6分 花田 麻衣子
花田 麻衣子
評価

11234

良いと思うところ

とにかく書いてる、書けてるところ。

良くないと思うところ

「季語」のようなものが入っていればいいなと思いました。(また従姉妹会か…)とため息が出ますが、そこに行くまで涼しい風が吹いていたり、窓から紅葉が見えたりしたら、以前の従姉妹会との時間の隔たりが感じられるでしょう。

登場人物に好きな人がいません。

ヒロインが店寄りの人間で、共感できません。

まずは従業員の味方をして、店長を辞めさせようとして対決して、そこから店長なりの理由も知り、店長にやる気を出させていくとか、そういう展開ならまだわかりますが…

店長なりの理由はあるのですが、店長のやっていることはただのわがままであり、何の関係もない従業員に、嫌な思いをさせていいとは思いません。

今回ラストということですが、途中で読むのをやめてしまいました。

例えば、「従姉妹会」ならそれをイメージしながら読みたいので、もうちょと、どんな場所でやってるのかとか、天気はどうなのかとかを、書いてほしいです。

かおり
まだこのコメントに「いいね!」がついていません
コメントの評価

 著者からの返事

かおり様

いつも貴重なご意見をくださり本当に有り難いです。
これからも精進いたします。
コメントありがとうございます!

2018年11月15日 17時10分 花田 麻衣子
花田 麻衣子
ページトップに戻る