仕事幸福真理―成功と幸福の秘密を知ったアイドル

真理―成功と幸福の秘密を知ったアイドル 第4話

 「もし、お前がこの『TST』をマスターすることができれば、今後、どんなに苦しいことがあっても、それを楽しみながら乗り越えられるようになる。アイドルになるための苦しい試練もすべて『TST』によって楽しみに変換できるのじゃ。『TST』――それはまさにお前が夢をかなえるための最も重要な秘訣であり、ワシはこれを伝えるために未来からやってきたと言っても過言ではない」

 山Pの説明を聞いているうちにテンションが上がりまくった私は、興奮した口調でたずねた。

 「ち、ちなみにTSTっていうのは何かの略なの?」

 「察しがいいのう」

 山Pに褒められてさらに気分が盛り上がった。山Pは「楽しむ」ことを強調していたので、TDL(東京ディズニーランド)的なものを期待してワクワクしていると、山Pは言った。

 「TSTとは――『()イレ()除を()しむ』の略じゃ」

 「そのままかよ!」

 あまりのひねりの無さに思わず叫んでしまったが、そのとき洗面台の方から笑い声が聞こえてきた。

 声の方に顔を向けると、まず目に飛び込んできたのは赤色の髪の毛だった。

 赤音さんは洗面台の鏡で髪型を整えながら言った。

 「俺は、まりりんみたいな可愛い子にトイレ掃除は似合わないと思うぜ」

 (可愛いって言った。今、私のこと可愛いって言った!)

 激しく高揚する私に対して、赤音さんはこちらに振り向き、追い打ちをかけるように続けた。

 「TSTなんかやめてIOD――()から()()ートしない?」

 思わずうなずいてしまうと、赤音さんは「よし、決まりだ」と大股で近づいてきて私を抱きかかえた。私はまたもや赤音さんにお姫様だっこをされる体勢になった。

 (これって、赤音さんが登場するたびについてくるオプション的なものなの⁉)

 ますます赤音さんに惹かれる私だったが、そんな気持ちを冷ますように山Pの声が響いてきた。

 「こりゃ、赤音! 今こいつは人生で大事な局面におるのじゃ。遊んでいる暇はないぞ」

 すると赤音さんは、

 「落ち着きなって山P。あとで山Pともちゃんと遊んでやるから。俺、山Pのためにも色々考えてきたからさ」

 「ほ、本当か⁉」

 山Pはそう口にしてからハッと我に返って言った。

 「って、アホか! ワシも遊びでやっとるわけじゃないんじゃ! さっさと『TST』を始めるぞ!」

好きを送るためにログインしよう!

REVIEWS

評価

12344

良いと思うところ

シュールすぎる世界観の中に混ざる核心を突く言葉たち、ユーモア溢れる登場人物の和気あいあいとした雰囲気が、なんていうか日常に寄り添った非日常でとても良いと思います。手が置かれたと思ったらモップだったところと、あのサビまで絶妙なラインを保ち続けた歌が面白かったです。

良くないと思うところ

サイトのことなのでここでいうべきかが微妙なんですけど、
・いいねボタンの色が、押したあとの色と押す前の状態がわかりづらいので、白→赤 など判別しやすくしてほしいです
・ここの欄「悪いと思う点」という表記、わかりやすいんですけど、もっと否定から少し離れたような言い回しならいいな〜〜とか思います。

2018年1月29日 6時1分 ちゃぴ
まだこのコメントに「いいね!」がついていません
コメントの評価

 著者からの返事

感想ありがとうございます。「いいねボタン」など機能に関しての意見もうれしいです。最近新たに導入したのですが、コメントがたくさんいただける仕組みを作っていきたいのでもし気づいたことがあったらどんな細かいことでも良いので教えていただけたらと思います!よろしくお願いします。

2018年1月29日 6時13分 水野敬也
水野敬也
評価

12345

良いと思うところ

未来の自分がアドバイスしにくるというSFっぽい設定から「仕事」という現実的なテーマで、これからどういう話になるんだろうとワクワクしています。私の年齢的にも人生の分岐点に立たされているという点でも親近感が湧いて、まりりんに感情移入しながらも、夢に向かって頑張るというアツい展開にとても感動しながら読みました。あと、重要な点が役割ごとに擬人化されているのがわかりやすくて良かったです。次の更新も楽しみにしています!

良くないと思うところ

上の方にも前の話、次の話に飛べるリンクがあれば良いのになと思いました。

2018年1月29日 15時20分 ttk
まだこのコメントに「いいね!」がついていません
コメントの評価

 著者からの返事

感想ありがとうございます!引き続き頑張りますのでまた感想教えてください!

2018年1月30日 10時49分 水野敬也
水野敬也
評価

12345

良いと思うところ

現実と仮想、全く違和感なく読みやすくって、面白くて感動しました
^_^今回、山Pが正にトイレの神さまとして君臨!みたい(^^)ナイスガイのからみがまたいい塩梅すぎて(≧∀≦)歌も可笑しい(笑)特に、エゴと因果関係の話しは確信を突かれいて、身につまされるというかひしひしと身にしみました。「エゴ」を全て否定しなくてもいいんだ、考え方でチャンスを掴める作用に持って行けるんだと。ビジネスでも、努力したら必ず勝てる、報われるわけではなくって、でも、この因果関係の思考法を意識して、極意として知っていると、思いとは反対の結果になっても冷静に受け止めて前向きに進めるだろうし、やるべき目の前のことの取り組む姿勢から変わって、、、循環して結果的に自分を認めてもらえる、また夢にも自然と近づくような気がします☆夢に満ち満ちたまりちゃん世代から掛け離れていても(笑)この思いを身につけると間違いなくすごく生きやすそうになりそうです!大満足の回です(^-^)

良くないと思うところ

(イラスト)は、想像して⁈でいいのかなって。以前の回からもありますよね⁈

2018年1月30日 1時12分 Shiho☆
まだこのコメントに「いいね!」がついていません
コメントの評価

 著者からの返事

すみません、イラストは本として出版するときデザイナーと相談して決めることになるので今はまだ入れられないんです、、、自分の本はイラストで笑いにすることもあるので、、、ウェブ版は申し訳ない限りです。

2018年1月30日 10時51分 水野敬也
水野敬也
評価

12345

良いと思うところ

親にも学校にも教えて貰えなかった事に気づいた時、誰もが1度は今の記憶を持ったまま過去に戻ってやり直したいとか、こういう人に早く出会って育てられたかったとかいう話をしたと思います。この物語に出てくる登場人物の設定や行動がわかりやすくマンガっぽいせいか、自然と素直な子供に戻らせて難しそうな真理をつく言葉が心にスッと入ってきて…まんまとやる気にさせちゃう感じがとても心地良いです!

良くないと思うところ

全然悪くはないのですが、山Pがやってきた未来の時代は心地が良いですか?山Pのこれまでの人生に他のターニングポイントも何度かあったと思いますが、もうちょっとその辺も知りたいです。

2018年1月30日 13時29分 cocoron
まだこのコメントに「いいね!」がついていません
コメントの評価

 著者からの返事

山Pがやってきた時代に関しては、ラストに明かす予定です。ただ、確かに現状でも気になると思うので、どこまで触れるか、におわすか、は最後まで書いてみた上で全体を見直すことになりそうです!

2018年1月31日 3時1分 水野敬也
水野敬也
評価

12345

良いと思うところ

水野先生の作品は全てそうなのですが、とにかく、わかりやすく、私にズンっと伝わります。さらに、笑いを必ず取り入れてくださるので、ありがたいです。この作品を読んでいる間、Mr.Childrenの歌詞で「愛してると君がいう、口先だけだとしても たまらなくうれしくなるから それだけが僕にとって真実」が浮かびました。また、愛也先生の教えの「逆に楽しい」も、この作品とつながるところがあるでしょうか?
全く違っていたら、申し訳ありません。感想になってしまいました。先生のご意見もお聞かせいただけたら、とてもうれしいです。

良くないと思うところ

大変申し訳ありません。
特にございませんでした。

2018年1月31日 13時28分 高橋 幸希
まだこのコメントに「いいね!」がついていません
コメントの評価

 著者からの返事

感想ありがとうございます!今、書き進めている中で笑いが減ってしまう回もあるので再考して増やしていきたいと思います!引き続きよろしくお願いします。

2018年1月31日 14時35分 水野敬也
水野敬也
評価

12345

良いと思うところ

٩(*´︶`*)۶҉♪
山Pたちはみんなに見えないんですね。すっきりー♪ありがとうございます*
この歌も、笑っちゃったけど(笑)実は大事なことも入ってて。いいバランスです。
あとは、人物によって教えが違うと。前の話を思い出す時に、その人物と紐付けて、すごく思い出しやすい気がしました◎

良くないと思うところ

コメントに関してですが、多分、書きたくても書きづらい人もいるんだと思うんですよね。そこは、んー。ほら!先生の誰にも負けないホスピタリティでラフに書き込めるようにしてあげて♪
動画配信もされることですし◎
もちろん、嫌がってるみなさんの顔は見たい(笑)!いろいろ楽しみにしてます♪

2018年2月2日 15時36分 takamin
まだこのコメントに「いいね!」がついていません
コメントの評価

 著者からの返事

感想ありがとうございます! いえ、山Pたちはみんなには見えるんですよね、、、汗 今回は、トイレの中で誰もいない状態で、仮想世界なのでなんでもアリというイメージではあります(16の真理は、未来のテクノロジーってすごいなぁくらいしか思っていない、という設定です)。ただ、そこは読む人にすっと入って来るように色々直していきたいと思います。
コメントの書き込みも、そうですね、、、どうしたら書き込みやすくなるのか検討してみます!ありがとうございます!

2018年2月4日 1時2分 水野敬也
水野敬也
評価

12345

良いと思うところ

水野先生の教えは、愛だけでなくエゴの力も否定なさらないので、うさんくささがなくって、素直に受け入れる事ができます。
またこの作品は、ビジネス書を読む年齢層より若い方にもたくさん読んで頂けるのではないかと期待しています。私は夢を叶えるゾウで一つ夢を実現し、スパルタ婚活塾で結婚相手を捕まえましたが、暗くてどうしようもなかった高校生くらいの時から先生の作品に出会いたかったです。この作品で多くの若者が生き易くなるヒントを得られればと思います。

良くないと思うところ

今後、まりりんが成長して変わる事によって、山Pの容姿や考え方にも変化が起きるのか楽しみです。バックトゥーザフューチャーの主人公とか、JINで江戸時代にタイムスリップした南方先生は持って行ってた写真に変化があった、みたいな展開です。

2018年2月7日 15時50分 あさの
まだこのコメントに「いいね!」がついていません
コメントの評価

 著者からの返事

感想ありがとうございます!確かに若い人たち向けの本というのはほとんど出してないので漢字のルビなど多くしたりする可能性はありますね。ありがとうございますー!

2018年2月9日 9時25分 水野敬也
水野敬也
評価

12345

良いと思うところ

面白くて読みやすいです。読みやすいので内容がスッと入ってきます。
冗談を交えながら、分かりやすく、大切な考え方を教えてくれている山Pみたいな大人は一家に一人は必要だなと思いました。自分もこういう大人になりたいと思いました。
主人公が10代なので、若い読者も感情移入しやすいだろうなと思いました。

良くないと思うところ

少しだけ気になったのですが、山Pが因果関係について説明する場面で「アイドルとは違う仕事をさせる人」という例えが出てきましたが、この部分が分かりにくい気がすると思いました。
現在、歌以外にもバラエティや報道番組の司会などで活躍するアイドルが多いです。しかしこれらも歌って踊るというアイドル本来の仕事とは違います。こういった仕事のことを指してるわけでは無いというのは分かりますが、アイドルと違う仕事っていう説明だけだと範囲が広いのではないかなと思いました。
主人公が10代なので10代の読者も多くなると思いますし、中学生とか高校生には分かりにくい気がしました。

2018年2月9日 13時56分 まつも
まだこのコメントに「いいね!」がついていません
コメントの評価

 著者からの返事

なるほど!確かにそうですね。もう少し分かりやすくなるよう、表現を工夫してみます!

2018年2月11日 8時42分 水野敬也
水野敬也
評価

12345

良いと思うところ

全体を通して仕事にコントロールされることよりも仕事を自らコントロール出来るためにあらゆる観点から分析していて非常にタメになります!今回の因果関係に関しても自分の認識を変えながらも原因と結果を捉えていくという発想は素晴らしいですが、無理に前向きに捉えようとする認識もまた誤った努力や負荷を生みかねないので難しいなと思いつつ、実践していきたいと思います!

良くないと思うところ

悪い点は無いのですが、気になったのはいつもと違う横文字で小説が展開すること、本のように一定の空間が明確にみえにくいが故に、文字量が一定の塊に見えず、書籍よりもページによってバランスの差異が感じられ、読んでいてテンポが取りにくい点です。

内容は素晴らしいのに、水野さんの過去作品のような「素晴らしいコンセプトがすっと入るにもかかわらず深く突き刺さる」感覚が最後のシーンで弱まってしまうのではないかと少し感じました。

少し長くなってしまいましたが、まだまだ先の読めない展開で毎回更新されるのを楽しみに待っています!これからも頑張って下さい!応援しています!

2018年2月13日 14時10分 秋野弥生
まだこのコメントに「いいね!」がついていません
コメントの評価

評価

12345

良いと思うところ

キャラもみんな濃いしギャグも面白くてエンタメとして面白いです

良くないと思うところ

特にないです
書籍化などになった際にイラストが入るのを楽しみにしてます

2018年2月15日 14時30分 チョコ
まだこのコメントに「いいね!」がついていません
コメントの評価

ページトップに戻る