仕事幸福真理―成功と幸福の秘密を知ったアイドル

真理―成功と幸福の秘密を知ったアイドル 第6話-2

 私は受け取ったボールをすぐゴールに向かってシュートしたが、また反射板に当たって違う方向に飛んでいった。

 (ああ、また外してしまった……)

 わき上がってくる罪悪感を必死に打ち消して、今、自分ができることに意識を集中する。

 リバウンドを制したのは赤音さんだった。取ったボールを再び私にパスしてきた。

 (今度こそ!)

 狙いを定めるようにゴールを見たが、そのとき視界の隅に緑川くんの姿が見えた。

 私が繰り返しシュートを打ったことで相手のマークが乱れている。

 私はシュートを打つフリをして緑川くんにボールを回した。

 ボールを受け取った緑川くんは――これまでも動きは早かったけど――まるで違う生き物のような敏捷でしなやかな動きで相手チームをかいくぐりジャンプシュートを決めた。

 「ナイス、緑!」

 赤音さんが声をあげた。緑川くんとハイタッチをした赤音さんは言った。

 「緑、ポジションチェンジだ」

 「OK」

 緑川くんはボールを持って中央のポジションについた。すると相手チームもポジションを変え、緑川くんを橘さん、赤音さんを桃瀬さんがマークした。

 緑川くんはいきなりドリブルで橘さんを抜いた。橘さんは後を追い、シュートを防ごうとジャンブをしたが、緑川くんは曲芸のように空中でボールを操り、そのままゴールを決めた。

 相手チームは途中タイムアウトを取ったが、その後も点差は縮まっていき、ついに19対19で並ぶことになった。

残り時間は1分を切っている。

コート上の6人は全員疲労困憊だったが、私は必死に声を張り上げた。

「あと2点!」

指でVサインを作って手を挙げると、緑川くんと赤音さんも同じようにVサインを作って応えてくれた。

試合が始まると、私は緑川くんと赤音さんのマークが外れるように、最後の力を振り絞ってコートを走り回った。すると、緑川くんをマークしていた橘さんの動きが乱れ、その隙をついて緑川くんからパスが回ってきた。

ボールを受け取ると驚くくらい完全なフリーの状態になっていた。

見ると、私が元いた場所で山Pが苦しそうにうずくまっている。

(山P、大丈夫⁉)

駆け寄って助けたかったが、同時に、千載一遇のチャンスでもある。

私はボールを受け取った場所は、2ポイントラインの近くだった。このラインの外側からシュートを決めれば勝つことができる。

残り時間はほとんどなかった。

気づいたとき、私は2ポイントラインの向こう側に立ち、ゴールめがけてシュートを放っていた。

私は、そうすべきだと思った。

なぜなら私の夢は、山Pの夢でもあるのだから。

私の夢を乗せたボールは――これはもう本当に奇跡としか思えなかったのだけど――美しい弧を描いてゴールに吸い込まれていった。

その瞬間、観客たちから大歓声があがった。

ゴールの外に視線を向けると、私たちのいるコートの周りは観客で埋め尽くされていて、他のコートでスポーツをしている人たちはほとんどいなくなっていた。

好きを送るためにログインしよう!

REVIEWS

評価

12345

良いと思うところ

水野先生の小説だから、面白くなるというお墨付きです。逆に言えばそう思わない人は読むのを止めてしまうかもしれません。

一週間毎更新になったのもいいと思います。

良くないと思うところ

完成したらきっと面白い作品になるでしょう。

ただ、連載している以上は、新聞小説のように、一話一話をもっと面白く、次への興味をもっと引いた方がいいと思います。

レインボーズが人数多くて、覚え切れない、登場した時イメージできないので面白くなくて、興味が薄れています。

自分で登場人物表を作るなどすればいいのかもしれませんが、読者は努力などせずただ楽しみたいだけなのでは?!!

かおり
まだこのコメントに「いいね!」がついていません
コメントの評価

 著者からの返事

今回のレインボーイズ緑川くんの登場が受け入れられてない感想が多いのですごく大事な指摘だと思っています。
これは本当に恐縮なのですが、全員が出て、前編と後編が終わった時点で、
「レインボーイズとのアトラクションを楽しむ」という軸がアリなのかナシなのか(かつ、ラノベのようにたくさんイラストが出てくるとして)感想頂けたらうれしいです。

2018年3月1日 11時25分 水野敬也
水野敬也
評価

12345

良いと思うところ

チーム、仕事仲間への親切心、誠実な、感謝の気持ちの大切さ、また相手を理解しようと努めることの大切さがわかりやすくて良かったです(^-^)
「摩擦を恐れず…」の摩擦がいいなぁと。孤独を恐れずとか、一人を恐れずとかだと、まりちゃんにはまだ重いかなぁと思うので^ ^

良くないと思うところ

緑川さんのキャラ、抑揚というか、もっとはっちゃけた場面があると活かされるような気がします(^^)バスケゴール決めたとき、卓球でいう「チョレイ‼︎」(笑)みたいな。

Shiho☆
まだこのコメントに「いいね!」がついていません
コメントの評価

 著者からの返事

感想ありがとうごさいます。
レインボーイズは後半に出てくる人ほどキャラが強くないとダメだと思うのでさらに魅力を高める方向で考えてみます

2018年3月3日 7時35分 水野敬也
水野敬也
ページトップに戻る