仕事幸福真理―成功と幸福の秘密を知ったアイドル

真理―成功と幸福の秘密を知ったアイドル 第7話

 

 *

 忙しい時間帯が終わりお客さんもまばらになったころ、一人の女性客から声をかけられた。

 「携帯の電源が切れちゃったんですけど、ちょっとだけ充電させてもらっていいですか?」

 すぐ足元にコンセントがあるテーブル席だった。

 「受け取らなきゃいけない電話があって」

 その人は本当に困ってそうだったので、「大丈夫ですよ」と答えるとすごく感謝された。

 ただ、それからしばらくすると、金子店長から「ちょっと裏に来れる?」と声をかけられた。

 ホールを出て更衣室に着くと、金子店長は言った。

 「お店のコンセントはお客さんに使わせちゃダメだって知ってるでしょ」

 お店に入ったばかりのころに店長から言われたことを思い出した。

 さらに店長は続けた。

 「あと、忙しい時間帯は、一人のお客さんはカウンターにしてって言ったのに、たまにテーブル席に通してるよね。真理ちゃん、お店のルールはちゃんと守ってよ」

 私は、その場では「すみません」と謝ったが、気持ちはもやもやしたままだった。

 なぜなら、携帯電話の充電も、お客さんをテーブル席に通したのもすべて、

 「お客さんを喜ばせるため」

 だったからだ。

 仕事はお客さんを喜ばせるためのものだ。だとしたら、私のしたことは間違ってないんじゃないだろうか?

 チームメイト(というかリーダー)である店長への不満はふくらませないようにしようと思い(このチームは最高だ)と心の中で唱えてみるものの、「仕事はお客さんを喜ばせるもの」という教えは、山Pと桃瀬さんから教えてもらった大事な教えでもある。

 結論が出ないまま、とりあえず今は目の前の仕事に集中しようとホールに戻った瞬間、

 (ええ――)

 とんでもないお客さんが入り口の扉を開けて入って来るのが見えた。

 

 

 (イラスト)

 白いターバンをかぶった男を3人のSPが取り囲んでいる。

 (なんでファミレスに厳戒態勢で――?)

 呆気に取られて見ていると、彼らはスタッフの案内も待たず、勝手にソファ席に向かった。

 そして、ターバンの男だけが席に着き、SPたちは護衛するように周囲に立った。

 (イラスト)

 異様な光景にお客さんとスタッフの視線が集まる。注目されていることに気づいたのか、ターバンの男が指をパチンと鳴らした。すると、SPたちは素早くソファ席に座った。

 

 (イラスト)

 (これはこれで奇妙な絵面なんですけど――)

 周囲の視線を集めたままだったが、SPの一人が手を挙げた。何かを注文するようだ。

テーブルに向かおうとする私を、店長の手が制した。

 「俺が行く」

 店長の顔は真っ青だった。こんなにも緊張している姿を見たのは初めてだ。

 店長は震える手で電子メニューを取り出し、ターバン男のいるテーブルに向かった。

 私も近くに行き様子をうかがう。

 テーブルの前に立った店長は言った。

 「ご注文はお決まりですか?」

 すると、ターバン男は流ちょうな日本語で答えた。

 「この店をもらおう」

 「は?」

 戸惑う金子店長に向かってターバンの男はイラだった口調で言った。

 「何度も言わせるな。注文は、この店だ」

 「……おっしゃっている意味がよく分からないのですが」

 「もういい。お前じゃ話にならん。上の人間を出せ」

 「この店の責任者は私ですが」

 すると、ターバンの男は何も言わず、テーブル上の呼び鈴を押した。

 店内にポーンという機械音が響き渡る。

 ターバンの男は呼び鈴を連打し、そのたびにポーン、ポーンと音が鳴り続けた。

 店長はこめかみをびくびくと震わせて言った。

 「商品を注文していただけますか」

 ターバン男はため息をついて言った。

 「この店が私のものになったら、最初の仕事はお前をクビにすることだな」

 「注文しないのならお引き取りください。警察を呼びますよ」

 店長が興奮して口調を荒げると、SPの一人が勢いよく立ち上がり、店長を威圧するように胸を張った。

 「ひ、ひいっ!」

 怯えた表情で店長があとずさる。

 私は店長を助けようとテーブルに駆け寄って言った。

 「他のお客様のご迷惑になるような行為はおやめください!」

 するとターバンの男はちらりと私に視線を送ったあと、指をパチンと鳴らして言った。

 「行くぞ」

 ターバン男は颯爽と立ち上がり出口に向かって歩き出した。SPたちも周囲を警戒しながらそのあとに従う。

 (この人たち、一体何がしたかったの――)

 私は呆然としながら、彼らの後ろ姿を見送るしかなかった。

好きを送るためにログインしよう!

REVIEWS

評価

12345

良いと思うところ

お客を喜ばせることは大切なことではあるけれど、最も大切なことはそうではない、働きがい、仕事上の矛盾を、まりちゃんが経験を通して理解したこと^ ^またルール一つにも意味のあること、などの気づきはこれからの仕事の価値観にプラスに影響すると感じさせてくれたことがかったです^_^

良くないと思うところ

本筋からそれますが^_^;サイードの夢(笑)C店の再建が気になり…エンディングでちょっと期待したり(笑)

Shiho☆
まだこのコメントに「いいね!」がついていません
コメントの評価

評価

12345

良いと思うところ

初登場したレインボーズのメンバーがイメージしやすい。

土下座好きですね!「すしどげざ」が見れるかと思ったんですが…(笑)

良くないと思うところ

今回はないので、前回のを…

「緑」の人…「派手な柄のパーカー、ハーフのような顔、くりくりとした大きな瞳」がイメージしにくい。強引な性格と見た目が合っていない。「赤」とカブる部分がある。

さらに、「橘」と「桃」も、優しい点がカブる。

かおり
まだこのコメントに「いいね!」がついていません
コメントの評価

ページトップに戻る