仕事幸福真理―成功と幸福の秘密を知ったアイドル

真理―成功と幸福の秘密を知ったアイドル 第10話

 「リサーチ?」

 「そうそう」

 水原くんは小刻みに首を縦に振って続けた。

 「『リサーチ』の重要を知ってる人はほとんどいない。特に学校教育では推奨されないよね。だって、答えなんて調べたらすぐ出てきちゃうんだから教える側が困るんだろうね。でも、リサーチ力がないってことは、それこそ大げさな話じゃなく命に関わることもあるんだよ。たとえば、体調が悪いから近くの病院に行って調べてもらったら『異常はない』って言われてその言葉を信じて放置しておいたら取り返しがつかなくなってたみたいな話良く聞くよね。これなんてリサーチ力が足りない典型だよね。自分と同じ症状の人を調べれば他の病気の可能性があることが分かる。一人の医者にしか診断してもらわないのもリサーチ不足だよね。自分の症状を診るのを得意とする医者をリサーチする力があれば対処法も全然変わってくる」

 水原くんの話を感心しながら聞いていたが、

 「本当に、分かってるのかなぁ?」

 疑うような口調で言ってきたので「分かってるよ」と強く返した。

 すると、水原くんは何も言わず、ゲーム画面を検索エンジンに変えて文字を打ち込んだ。その文字を見て私は思わず息をのんでしまった。

 アイドルオーディション 合格 方法

 「調べたこと、ある?」

 私は何も言わず首を横に振る。

 水原くんは言った。

 「リサーチが大事だって分かっていても実行する人が少ない理由はね、事実に向き合うのが怖いからなんだ」

 水原くんは続ける。

 「自分の症状について調べたり違う医者に診てもらったりしないのも、重い症状だったら嫌だからでしょ。まりりんも、アイドルになりたいって思ってるのに、こんな単純な検索すらしてなかったのは、そこに自分にとってマイナスの情報が書いてあったら嫌だからなんだよ」

 ――水原くんの言うとおりだった。

 調べて当然の内容を調べていなかったのは、ショックを受けるのが怖くて避けていたのだと思う。

 私が落ち込んで肩を落としていると、

 「もっと軽く考えて良いんだよ。それこそ、ゲームみたいにさ」

 水原くんは言った。

 「ゲームをプレイする。行き詰ったら攻略法を調べる。ネットだけじゃなく、本を読んだり優れたプレイヤーに直接聞くのも有効だ。そうやって情報を集めることで、その分野がどんどん楽しくなる。つまり、ハマっていくことができる」

 そして、水原くんは眼鏡のフレームを持ち上げ、「さあ」と言ってゲーム機を私に手渡して言った。

 「レッツ、プレイ」

 私はタッチペンを手に取り、おそるおそる検索ボタンを押した。

 すると、画面には、実際にアイドルオーディションを受けたことのある人が書いたブログや、ライブハウス運営者のインタビューなど様々なページが表示された。

 そこに書かれていた内容は、

 「歌唱力やダンス力は必要ない。原石であることが求められている」

 「誰かに憧れるのではなく、憧れられる存在を目指して欲しい」

 など、今の私にとって本当に必要なものばかりで、水原くんの言っていることは大げさではないことが分かった。

 オーディションについて調べている途中、ふとあることが気になった私は、次の言葉を検索してみた。

 ファミリーレストラン 仕事 コツ

 

 すると、混雑時に焦らない方法や、仕事のスピードを上げる方法など、様々な情報が表示された。さらに質問サイトには、私が仕事をする上で感じた疑問やストレスに対する解答もあり、山Pに教わっていない内容も見つけることができた。

 今後は、何か新しい分野に挑戦するときや、乗り越えなければならない問題が現れたときはまず自分で調べてみる癖をつけようと思いながら画面に表示された文章を読み進めていると、ゲーム画面の右下に「イベント発生」と書かれたアイコンが出てきた。

 「何か出てきたよ」

 ゲーム機を水原くんに渡すと、

 「コラボのオファーだな。相手は、橋本明香里か」

 「え⁉ え⁉」

 私は興奮して立ち上がり、水原くんの隣の席に座って画面をのぞき込んだ。

 すると水原くんは、

 「ちょ、ちょっ、急に何……」

 すごい勢いで動揺し始めたが、私は水原くんの腕を引っ張って言った。

 「今、このゲームどういう状況なの? あかりんから何のオファーが来てるの?」

 水原くんは顔を赤くしながら言った。

 「い、一緒にCDを出すっていうオファーだよ。ただ、じ、時期尚早だね」

 「だめ! このオファー絶対受けて!」

 私が水原くんの体を揺すりながら懇願すると、その拍子に水原くんの眼鏡が大きくずれた。

 水原くんは眼鏡をかけ直しながら言った。

 「い、一流のゲーマーは、い、一時の感情に流されないから一流……」

 話している途中だったが、私は水原くんのかけている眼鏡を外した。

 「な、何するんだよ! 返せよ!」

 水原くんは眼鏡を奪い返そうと手を伸ばしたが、私はその動きを交わしながら水原くんの顔に見とれていた。

 形の良い鼻と大きくて黒目がちな瞳。中性的な長いまつげが瞳の美しさを引き立たせていた。

 「水原くん、コンタクトにしなよ」

 「な、何でだよ。だいたいコンタクトは長時間のプレイに向いてない……て、ていうか、さっきからリクエスト多すぎなんだけど」

 「とりあえず、あかりんからのオファーは受けて」

 「わ、わかったよ。わかったから眼鏡返せよ!」

 眼鏡を渡すと、水原くんは、フレームのブリッジを何度も指で押し上げながらゲームを再開した。

 改めて水原くんを見たが、このオタク風の服装を全部変えたら相当魅力的な人になるんじゃないだろうか。

 ただ、水原くんの魅力は外見だけではなかった。私がゲーム内のあかりんについて質問すると、水原くんはあかりんについて詳しく知っていたので話がすごく盛り上がった。

 他のレインボーイズの前では緊張してしまうけど、水原くんとは同じ目線で話ができる。

 (こういう風に一緒にいて安心できる人も良いかも)

 そんなことを考えながら水原くんとアイドル育成ゲームを楽しんでいると、禍々しいオーラを感じて顔を上げた。

 するとそこには――ハニーズの制服に身を包んだサイードが立っていた。

 「お前たち……楽しそう……だな……」

 人って一日でこんなにも変わるものなのかと思うくらい、頬がこけ、目の色が混濁し、顔が青白くなっていた。

 私はサイードに慰めの言葉をかけようとしたけど、厨房の方から金子店長の、

 「サイードォォォ!」

 という声が聞こえると、「ひ、ひぃ!」と怯えた声を出して戻っていった。

 サイードはハニーズでの1カ月のアルバイトを終えたとき、誰よりも従業員に優しい経営者になるか、廃人になるか、どちらかだと思った。


「真理 —成功と幸福の秘密を知ったアイドル」は毎週月曜日更新です。

次回の更新は4月2日(月)です。

好きを送るためにログインしよう!

REVIEWS

評価

12345

良いと思うところ

完璧に面白い!

「橘→紺野」に改名で、やっぱりレインボーズは全員色の名前にするのかな?と思ったら、初登場のレインボーズは水原(笑)そっか、水色の「水」かも…

水原さんのファッションいい!今までのレインボーズで1番ハマります!

私もたまたま、全く違うルートから「ポンコツ」の魅力について想いを馳せていました。

良くないと思うところ

真理ちゃんも、変な人が店に来たら、レインボーズのメンバーと気づくだろうに…オーディションのことで頭がいっぱいなんだね(笑)

ユニット名「ナイン」は「9nine」を思い出してしまう。

水原君が眼鏡を取ると「形の良い鼻と大きくて黒目がちな瞳。中性的な長いまつげ」ここでテンション下がりました。
切れ長が好きです。切れ長率低すぎ…1人を除いて全員大きな目?

水原君、一生「メガネ」かけてて…!!!

最後の一人は「切れ長」期待です…

かおり
2人がこのコメントに「いいね!」しました
水野敬也臼杵秀之
コメントの評価

 著者からの返事

感想ありがとうございます。なるほど、ナインも変更します!笑
水原くらい今までと違うキャラは良い反応なので他のボーイズたちもさらに個性を出せないか考えてみます!

2018年4月3日 15時37分 水野敬也
水野敬也
評価

12345

良いと思うところ

初めてレビューさせていただきます
本当にためになることばかり
書かれていてストーリーも面白い!
しかもどうやって物事を進めていけば
良いのかも
わかりやすく書かれているので
自分でもできるのではないかと思わせてくれます。
あと真理ちゃんはとても素直ですね。
あと、これ無料で公開してるところに
びっくりです!
こんなに素晴らしい小説本当に無料で
いいのですか?笑
お金とっても良いくらいだと思います!笑
ぜひ書籍化してほしいくらいです♪



良くないと思うところ

このお話し1話から全部見てますが
今のところ悪く思うところが
ありません♪
ただ、真理ちゃんが面白い子という
設定が自分にはない要素なので、
やっぱり面白い子は得なのかなとか
変なことを思ってしまいました(笑)
個人的なこと言ってすみません(笑)

ぐち
2人がこのコメントに「いいね!」しました
水野敬也臼杵秀之
コメントの評価

 著者からの返事

感想ありがとうございますー!確かに、、、真理は面白い設定にしないと物語が成立しないのでそこはそうせざるを得ないですね、、、。プレーンな主人公が良い面もあるのですが、名前のある主人公で物語をかき回していくためには誰もが「自分だ」と思えないキャラになっていくのが難しいところです。

2018年3月28日 14時42分 水野敬也
水野敬也
評価

12345

良いと思うところ

オーディションに不安になっているまりちゃんにもっと自信を持つように背中を押してくれた感じがよかったです。
夢や目標に向かう上での、自分の魅力を最大限に引き出し生かす為の考え方に術をわかりやすく教えてくれて。

それもアイドルに1番近いオタクキャラのレインボーイズが(笑)、またとてもいいタイミングで(^○^)なるほどなあと。面白いところもバッチリで(笑)

ハマり自分らしさを見つけるためのアクションは、まりちゃん世代が最も挑戦できるチャンスだということを教えてくれている感じです。勢いよく、いつでもなんでも経験出来る世代は特に今を大切にして欲しいなあと切に思いました。またどの世代でも、なんでもハマるためにはこの努力の仕方は持ち続けないと、とも(^^)

リサーチも夢に向かう上でもとても良い効能ですー!

良くないと思うところ

よくないということではありませんが、そのハマるためになんでもしてみる、は夢が明確でない人に特にヒットする感じがして…夢に関連するべきことのなんでも、の範疇だったらストンと腑に落ちます^ ^

2018年3月28日 6時8分 Shiho☆
1人がこのコメントに「いいね!」しました
水野敬也
コメントの評価

 著者からの返事

感想ありがとうございます!
これまでのレインボーイズと違う空気感は良い流れだと書いていて思いました。
現在、アップしていない部分では14章を書いていてかなり煮詰まっているのですが前編のクライマックスなので引き続き頑張ります!

2018年3月28日 14時44分 水野敬也
水野敬也
評価

12345

良いと思うところ

面白いです!なるほど、リサーチかぁ、、たしかに、ハマるものってすごいリサーチするなぁと腑に落ちました!新しいキャラの水原くんも他の子と少しテイスト違って新鮮ですね!!
どうなるんだろうと続きが楽しみです♪
話の一覧のストーリーダイジェストもわかりやすくてどこまで読んだかがわかって良いです!

良くないと思うところ

良くないところが、、見つからない笑
強いていうなら、真理の小説のイメージ画像の絵、とっても素敵なんですけど内容と少しギャップがある(?)なぁと思ったのですが、笑、あえて神秘的な絵の感じ→実は中身コメディの流れなら最高だと思います笑
引き続き頑張ってください(^o^)

ちゃぴ
1人がこのコメントに「いいね!」しました
水野敬也
コメントの評価

 著者からの返事

感想ありがとうございます。イラストは本当に難しいですね、、、最初はラノベっぽい感じが合うのかなと思ったのですが、読者を限定してしまいそうなので、、、難しいですね。いろいろな可能性を考えてみます!

2018年4月3日 15時38分 水野敬也
水野敬也
評価

12345

良いと思うところ

10話まで読み終えての感想ー

さすがとしか言いようがありません。

もう少し修正していくのだろうとは思いますが十分楽しいし、尚且つ本当にタメになるお話ばかりで書籍なり、映像なり、早くお金を払いたい!と気持ちでいっぱいです笑

キャラクターの人数も程々で有難い。

連載大変だと思いますが応援しています!

あと、この場をお借りしてタメランドTVの配信もお忙しい中本当にありがとうございます。
木曜日が楽しみで待ち遠しいです。

良くないと思うところ

本当に素人意見で恐縮なのですが、真理ちゃんの成長を読み取れる箇所がもう少しあるといいなぁと。

ほんのちょっとだけでいいので真理ちゃんに感情移入できるような内容がほしいです。

どんどん素敵な女の子になっていってるという感触を味わえたらなぁと思います。(ひょっとして後半にその辺りが色濃く出てくるのかな?)

anmo
1人がこのコメントに「いいね!」しました
水野敬也
コメントの評価

 著者からの返事

感想ありがとうございます。
主人公の成長をどう描くかというのは毎回悩まされます。教えがあるということは教えをそのまま実行しているだけでは成長できてないということでもあるので。。。序盤に何かできないことがあって、後半にできるという明確な成長を描くことを考えてもいいかもしれないですね。

2018年4月3日 15時39分 水野敬也
水野敬也
ページトップに戻る