仕事幸福真理―成功と幸福の秘密を知ったアイドル

真理―成功と幸福の秘密を知ったアイドル 第12話

 山Pは続けた。

 「ただ、勇気が大事であることは、世の中にあるすべての実用書に――無論、そこの本棚にある『ドリーム論。』にも――記されておる。しかし、勇気の本質を理解している者はほとんどおらん。『もし勇気がなかったら、どんなに優れた知識もまったく意味をなさない』ということをな」

 そして山Pは「一つ例を挙げよう」と言って話を続けた。

 「学校の成績が優秀で、有名大学に進学した男がおった。彼は色々な本を読み知識も豊富だったが、就職活動で希望する職業の企業に内定することができんかった。もし、その職業にこだわるのであればアルバイトから始めたり、フリーランスで働いたりする道もあったが、彼は内定が出た他の有名企業に勤めることにした。働き始めてしばらくするとその仕事には興味がないことに気づいたが、彼はこう考えた。『目の前の仕事から逃げてはだめだ。どんな仕事も根底ではつながっている。この職場で学ぶことが、いつかやりたいことを始めたときに生きてくるはずだ。だからこの会社で頑張ろう』」

 山Pは続けた。

 「この考えは一見正しく聞こえる。そして、状況によってはこの考えが正しい場合もある。しかし彼にとって最大の問題は、彼が培ってきた知識や論理的思考を、自分の本音から目を逸らすために使ってしまっている(、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、)、ということじゃ」

 山Pは目を鋭くして言った。

 「彼は、単に『怖い』のじゃよ」

 山Pは続けた。

 「転職するのが怖い。そもそも、アルバイトやフリーランスとして働くことで安定した収入を得られないのが怖かった。ただそれだけなのじゃ」

 私は、山Pの言わんとしていることがよく分かった。私も本音ではアイドルになりたいのにオーディションを受けるのが怖くて、色々な理屈をこねて避けてきたからだ。そもそもハニーズのアルバイトを始めたのも同じ理由からだった。

 山Pは続けた。

 「本当は彼自身も知っておるのじゃ。最初は収入が少なくても、自分の好きなことを追求して、より多くの人を喜ばせられるようになった方が最終的には多くの収入が得られ、人生が充実したものになるということをな。しかし、その道を選ぶことができん。なぜなら、彼は、『ただ勇気がないだけ』という自分からも目を逸らしておる。今の自分が正しいと思い込もうとしておるのじゃ。そうしている限り、彼の持つ知識は役に立たんどころか障害になることすらあり得る」

 そして山Pは再びノートに視線を落とした。

 山Pの言うとおりだ。山Pから教えてもらった内容も、もし勇気がなかったら違う解釈ができてしまう。

 本当に大事なのは教えの内容ではなく、教えを聞く私自身の心なのだ。

 山Pは言った。

 「お前に無理やりオーディションを受けさせても意味がなかった。お前自身が自分と向き合い、勇気を出して行動すること。それが何よりも、何よりも、大事なことだったのじゃ。

そしてお前は勇気を振り絞り、行動を起こすことができた」

 山Pが咳き込み始めたので私は山Pの背中をさすった。

 咳が収まってくると、山Pは言った。

 「今日という日を境に、お前とワシは、まったく違う人間になったのじゃ」

 「山P……」

 私は、山Pが本当に私のことを考えてくれていたことに感動して涙が出そうになった。

 (ありがとう、山P)

 私は感謝の言葉を伝えようとしたが、そのとき起きた異変に思わず口をつぐんでしまった。

 山Pの身体の色が薄くなり、まるでデータが消滅するかのように、点滅し始めていたからだ。

 「こ、これは……」

 山Pも自分の身体を見ながら驚いていた。

 点滅する山Pの身体は徐々に揺れ始め、振れ幅がどんどん大きくなっていく。

 山Pは私に向かって言った。

 

 「真理……しあわせに……なるのじゃ……ワシの……ぶん……も……」

 言葉の後半は電子音のような雑音が混じり聞き取りづらくなっていった。

 そして山Pの姿は消え失せ、私だけが部屋に残された。

 そこはまるで、山Pがやってくる前の、私が一人で生活していたころに戻ったような感覚だった。

 ――そして、山Pが消えてから3日後。

 私は、『アイエボ』オーディション1次審査の合格通知を受け取った。


「真理 —成功と幸福の秘密を知ったアイドル」は毎週月曜日更新です。

次回の更新は4月16日(月)です。

好きを送るためにログインしよう!

REVIEWS

評価

12345

良いと思うところ

最後に必要なのは勇気だと、いい意味で青臭くまっすぐに、勇気について書かれていて良かったです!例えの話もズバリそうだなぁと思いました。

良くないと思うところ

勇気が無いのはなぜか、、、得られるものが確実で無いしリスクが怖い、その通りだと。また、人と、周りと比べる罠にハマっていることも一つの要因のような気がしました。自分と本気で向き合って無いってことなんですよね、これも。

Shiho☆
1人がこのコメントに「いいね!」しました
水野敬也
コメントの評価

 著者からの返事

感想ありがとうございます!
そうですね、今回の教えはこの流れになると思いました。
次回あたりからまた色々感がなければならないことが増えるので、、、よろしくお願いします!

2018年4月12日 12時12分 水野敬也
水野敬也
評価

12345

良いと思うところ

別の意味の勇気はなかなか出ないですけどね…人前に出る勇気…そういうのを考えさせてくれたところ。

良くないと思うところ

短い

2018年4月10日 10時24分 かおり
1人がこのコメントに「いいね!」しました
水野敬也
コメントの評価

 著者からの返事

感想ありがとうございます。
「短い」、、、確かに!

2018年4月12日 12時12分 水野敬也
水野敬也
ページトップに戻る